お金を使わないで実現する方法を考える

お金の使い方を他人と比較してみる

お金を使わないで実現する方法を考える 毎朝自動販売機で飲み物を購入して飲んでいる人がいます。その自動販売機には150円のものや130円のものなどが並んでいます。その人は毎朝それだけ使っていることになります。別の人は毎日水筒を持ってきています。保冷タイプのものなのである程度冷えた状態になっています。冷たく飲むことができるのです。自宅から持ってきているから0円なわけではないですが、それでも数円から数十円ぐらいで済ませることができると思います。

100円ぐらいと思っている人は、1日の飲み物をすべて自動販売機で調達しようとするでしょう。するとどれくらい使うことになるでしょうか。2リットル飲むとして500ミリリットルの飲み物を4回購入したとしたら150円のものなら600円使うことになります。これを自宅から持ってきたり、会社の給湯室のものを使ったりすれば使う必要がなくなります。日頃におけるお金の使い方においても、細かく見ていると違いたでてきそうです。

もしあまりためることができないなら、周りの人と自分とで使い方に違いがないかを比べてみましょう。大きなところではそれほど違いがなくても、小さいところで結構あると思います。お弁当を買うときについお菓子を買ってしまう人がいます。それも癖のようなものになります。使う癖を減らすことで1日に数百円から千円ぐらい節約することができます。1日千円節約できたら、1箇月で3万円も節約できることになります。大きいと思うかどうかはその人次第です。